• トップページ
  • サイトポリシー
  • プライバシーポリシー

平成29年度地域配分募集のお知らせ

 赤い羽根共同募金を原資とする平成29年度地域配分(平成30年度使用分)の受付は終了しています。

申し込み・問い合わせ先

  東京都共同募金会 日野地区配分推せん委員会事務局(総務係)
     TEL.042-582-2319  〒191-0011  日野市日野本町7‐5‐23

 

日野地区における共同募金運動の概要

 東京都共同募金会日野地区協力会として、赤い羽根共同募金・歳末たすけあい募金の普及に努めます。
「日野地区配分推薦委員会」を設置し、2つの募金の特性を生かした「募金・配分・広報」の循環型サイクルの確立に努めています。

 

赤い羽根共同募金運動の実施

   赤い羽根共同募金は共同募金の愛称で、民間の運動として、1947年に市民主体の取り組みとして生まれました。当初、戦後復興の一助として、福祉施設を中心に支援する活動としての役割を果たしてきました。その後「社会福祉事業法(平成12年)」をもとに「民間の社会福祉の推進」に向け、社会福祉事業の推進のために活用してきました。現在、社会が大きく変化する中、様々な地域福祉の課題解決に取り組む民間団体の支援する仕組みとして、同募金は市民主体の運動として進めています。具体的には、主に高齢者や障害者などの民間の社会福祉施設などに配分され、大型備品購入などの大規模事業への助成(全都配分)や小規模修繕・備品購入や研修事業への助成(地域配分)を行っています。

    日野市では、自治会や日野市赤十字奉仕団をはじめ、市内都立高校やボーイ・ガールスカウトなど協力団体の皆様と運動を呼びかけます。

運動期間  10月〜12月
関連行事  街頭募金

■主な配分金の種類

全都配分
(A配分)
 30万円以上の経費のかかる自動車や施設の大型備品購入など、「特別・整備事業」を対象とした助成金
(受付・審査)
「地区配分推薦委員会」で意見書を交付し、東京都共同募金会配分委員会にて審査・決定します
地域配分
(B配分)
 主に30万円以下小型部品や部品、研修事業などを対象とした助成金
(受付・審査)*24年度〜
「地区配分推薦委員会」で受付・審査し、東京都共同募金会配分委員会に推薦します

歳末たすけあい募金の実施

  戦後、日本の混乱期に見舞金や持ちより運動など「市民同士の支え合い」を目的に始まった「歳末たすけあい運動」は現在、共同募金の一環とされ、「地域福祉活動費」として、地域福祉やボランティアから災害防災活動まで幅広いまちづくり活動に活用しています。

 日野市で集められた募金は、日野地区で計画され東京共同募金会配分委員会の承認を経て、日野市社会福祉協議会の実施する地域福祉活動やボランティア活動のほか、地域福祉を推進するボランティア団体・当事者団体などの活動助成金として配分されています。

実施期間

 12月

関連行事

 歳末たすけあいバザー・街頭募金など

申し込み・問い合わせ先

総務係 TEL 042-582-2319
  〒191-0011 日野市日野本町7‐5‐23(中央福祉センター内)

 

カテゴリートップ
その他
日野市地域福祉活動計画次