• トップページ
  • サイトポリシー
  • プライバシーポリシー

 青山幸広氏に直接学べる第3弾!

 楽ワザ介護術

 〜見立て、コミュニケーション、介助、実践の総合力を育む2日間〜
 
お待たせいたしました。今年も青山幸広氏をお招きして開催いたします。
青山氏の軽妙なトークを通じて楽ワザ介護について学ぶことで、
介護のプロとしての総合力を育みます。
 
なぜ介護の仕事は素晴らしいのか?
介助を始める前に必要なこととは?
腰痛になりにくい身体づくりや介助方法とは?
在宅の生活動線で麻痺のある利用者にどうアプローチするのか?
 
日々現場で悩みながら利用者に向き合っている
あなたにご参加いただきたい研修です。
 
 
 

日時

9月 9日(土)(1)10:00〜12:30
            昼休み
        (2)13:30〜16:00
9月30日(土)(3)10:00〜12:30
            昼休み
        (4)13:30〜16:00
※(1)〜(4)それぞれお申込みいただけますが、全日程通しての参加を推奨いたします。
※時間は予定です。研修の進行状況で昼休みが前後することがあります。

会場

マザアス日野 1F 地域交流ロビー
日野市万願寺1-16-1
 

内容

9月9日(土)
・座学+実技 「見極め力」を身につける
 相手のその日の状態を把握して介護に活かす方法
 
・実技 大切な基本
 自然な動きで行う寝返り、起き上がり、立ち上がり。ベッド⇔車いす、車いす⇔椅子などの移乗いろいろ
 
・座学+実技 「日々の介助で食事の喜びを取り戻す」
 介護職の手で楽しい食事の時間を取り戻すには
 
9月30日(土)
・座学+実技 「やる気を引き出す」言葉がけ
 利用者の自立を支援するのに不可欠な技術
 
・実技 介助技術を磨く
 「見極め」と「言葉がけ」を活かしてさらに自然な動きを引き出す介助
 
・実技 仕上げ
 在宅での生活動線や利用者の麻痺の有無などを踏まえて、複数の方法を組み合わせて介助する
 
 

参加費

無料
 

持ち物

上履き、汗拭きタオル、水筒、昼食、カメラ
昼食は必ずご持参ください。会場近隣には食事ができるところがほとんどありません。
 

申込について

・別紙のFAX用申込書もしくはメールで、「氏名、所属事業所、電話番号、参加日時[(1)〜(4)]を明記の上、9月1日(金)までにお申し込みください。
・手話通訳が必要な場合などご相談についても下記よりお願いいたします。
・お申込後は、調整が必要な場合のみ当会よりご連絡いたします。
 

申込・問い合わせ

介護人材育成研修担当
メール sanka005@hinsouke.org
FAX 591‐1573
電話  591‐1567

 

投票数:4 平均点:5.00
前「夏の体験ボランティア2017」参加者大募集!
カテゴリートップ
お知らせ
地域支え合い福祉活動 サロン活動助成 助成団体追加募集次