• トップページ

■━━━━━━━━━━━━━━━━

  2/14(日)Youtube(ユーチューブ)配信!

  7回大学生ボランティア活動報告会&イベント

 「被災地と多摩地域の架け橋」

━━━━━━━━━━━━━━━━━ 

 

本イベントは、被災地の復旧・復興支援活動や多摩地域を中心とした

地域での防災・減災活動に取り組んできた学生が、自らの経験を

活かしながら「地域防災力の向上」や「震災の風化防止」などを

目指して毎年開催しています。

 

東日本大震災から10年を迎えようとしている今、大学生の取組みを

通して被災地の現状や地域防災に触れてみませんか?

皆さまのご参加をお待ちしています!

 

★視聴はこちらから★

(配信日時にYouTubeでご視聴いただけます)

https://www.youtube.com/channel/UCOp-T30AjmIWZ4S5gXbY7-g

 

〇開催日:

2021214日(日)

 

10:00〜11:00 

トークセッション「私たちの10年間」

佐藤 敏郎 さん×大学生3人

 

13:0015:00 

10分動画「あの場所は現在、わたしたちは現在」

活動を行う5大学・11団体がそれぞれの「いま」を発信します!

■ チーム防災(中央大学)「防災王決定戦!〜次の防災王はキミだ!」
■ 面瀬学習支援(中央大学)「我々の活動地、気仙沼の魅力」
■ ふらっと真備(中央大学)「オンラインでつながる真備」
■ はまぎくのつぼみ(中央大学)「10年の活動の変遷を振り返る」
■ チームくまもと(中央大学)「2016熊本地震〜現地の今〜」
■ チーム女川(中央大学)「活動を終えるチームのぶっちゃけ」
■ 虹色の薔薇の会(明星大学)「田野畑村での10年を振り返る」
■ Freedom music(明星大学)「リモート de 音楽 with 笑顔」
■ 東日本きずなプロジェクト(東京都立大学)「きずな商店〜オンライン出張〜」
■ 宮古市支援プロジェクト(実践女子大学)「女子大生が食レポで伝える 宮古の魅力」
■ チーム気仙沼でつながら騎士(法政大学)「気仙沼でつながった2年間」

〇視聴方法:「YouTube」で視聴

〇申込:不要 ※配信スケジュールからYouTubeで公開する各動画にアクセスして下さい

〇参加費:無料

〇主催:多摩地区の大学と地域によるネットワーク(ボラネット多摩)

〇協力:Gakuvo(日本財団学生ボランティアセンター)、中央大学、明星大学、実践女子大学、東京都立大学、法政大学、日野市、日野市ボランティア・センター(日野市社会福祉協議会)

 

==========

登壇者プロフィール

==========

■ゲスト

佐藤 敏郎 さん(Smart Supply Vision 理事 兼 特別講師)

1963年、宮城県石巻市生まれ。宮城教育大学卒業後、中学校の国語科教諭として宮城県内の中学校に勤務し、2015年3月退職。

東日本大震災当時は、宮城県女川第一中学校(現在の女川中学校)に勤務。震災後の2011年5月、生徒たちの想いを五七五に込める俳句づくりの授業を行い、テレビ、新聞、書籍等で紹介される。

震災で当時大川小学校6年の次女を亡くす。2013年末に「小さな命の意味を考える会」を立ち上げ、現在は、全国の学校、地方自治体、企業、団体等で講演活動を行う。2015年からは、震災当時小学生だった高校生が若者とディカッションを行う企画「あの日を語ろう、未来を語ろう」を各地で展開。2016年「16歳の語り部」(ポプラ社)を刊行、「平成29年度児童福祉文化賞推薦作品」を受賞。

小さな命の意味を考える会代表、NPOカタリバアドバイザーの他、ラジオのパーソナリティー(東北放送ラジオ、FMたいはく)としても活動している。

■被災地支援に取り組む大学生

大川 恭平さん(東京都立大学 修士2年/東日本きずなプロジェクト)
竹内 沙綺さん(実践女子大学 3年/東日本大震災岩手県宮古市支援プロジェクト)
保崎 翔太さん(中央大学 2年/チームくまもと)

■ファシリテーター

齋藤 元気(東京都立大学ボランティアセンター ボランティアコーディネーター)

投票数:8 平均点:3.75
前★オンラインクリスマス会YouTubeで再放送★
カテゴリートップ
お知らせ
総合支援資金(特例貸付)の再貸付について次